Travel Banana

旅と映画とバナナの話

神田運転免許センターで国際免許証をゲットしてきたよ

f:id:kogawahayato:20180420174442j:plain

 2018年3月。学生としてオーストラリアへ行くための準備をしていた僕は国際免許をとることにしました。持ってるとなんだか便利そうだから。

 前に免許を更新したときと同じように今回も神田運転免許センターで国際免許を申請&取得しました。

 

関連記事:

神田運転免許更新センターで免許の更新してきたよ - Travel Banana

留学エージェントを使ってオーストラリアの学生ビザを取ったよ - Travel Banana

国際運転免許

 国際免許は1年間有効で持っていると外国で運転できます。国や地域によって細かいルールが違っていたり、そもそも国際免許では運転できないという地域もあります。例えば僕が滞在するオーストラリアのNSW州では国際免許で運転できる期間が入国から3か月までと決められています。

申請する

 国際免許は運転免許センター、運転免許試験場、警察署の3か所で申請することができます。ただし警察署の場合は発行までに2週間程度かかるらしいので注意。僕は家から近かったので神田運転免許センターに行くことにしました。

申請に必要なもの
  • 有効期限が1年以上ある免許証
  • パスポート
  • 手数料2400円
  • 写真 5cm x 4cm

 国際免許の有効期限は1年間なので最低でも1年以上有効な免許が必要です。顔写真は免許センターに写真機があるのでそれが使えます。800円とちょっと高め。5cm x 4cmという微妙なサイズのせいでほとんどの人が新しく撮影することになると思います。

神田運転免許センター

f:id:kogawahayato:20180428132745j:plain

 神田運転免許センターにやってきました。

 住所:〒101-0047 千代田区内神田1丁目1番5号 東京都産業労働局神田庁舎
 電話:03-3294-3380

 

 相変わらず入り口がわかりにくい。と思っていたら

f:id:kogawahayato:20180428132934j:plain

 入り口を示す看板が立てられていました。

 

 中に入って受付付近に進むと受付のおっちゃんが

「更新?」

とタメ口で聞いてきます。(直したほうがいいと思います)そこで国際免許がほしい旨を伝えると、申請用紙を記入するように言われます。

 その後記入した紙を持って隣の窓口で手数料を支払います。更に隣の窓口で写真と免許証を渡して待つこと5分。

 国際免許完成!

 15分くらいでできてしまいました。

まとめ

f:id:kogawahayato:20180420174442j:plain

 これでオーストラリアでも運転することができるようになりました。10年以上運転してないペーパードライバーなんですけどね!

 

 ではまた。

 

関連記事:

神田運転免許更新センターで免許の更新してきたよ - Travel Banana

留学エージェントを使ってオーストラリアの学生ビザを取ったよ - Travel Banana