Travel Banana

旅と映画とバナナの話

「車いす客に自力でタラップ上らせる」って馬鹿なの?

スポンサーリンク

f:id:kogawahayato:20170629030238j:plain

 ツイッターでこんなニュースを見かけまして。

 

www.asahi.com

 

 ちょっと変な感じだなぁと思ってしまいました。誰も自力で上れだなんて言ってないのに。

 車いす客に自力でタラップを上らせる?

鹿児島県奄美市奄美空港で今月5日、格安航空会社(LCC)バニラ・エア(本社・成田空港)の関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が、階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていたことがわかった。バニラ・エアは「不快にさせた」と謝罪。車いすでも搭乗できるように設備を整える。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 

 なんてひどい事件なんだ。バニラエアと空港の人がかわいそうじゃないか。

 

 というのも…

木島さんは6月3日に知人5人との旅行のため、車いすで関空に向かった。木島さんとバニラ・エアによると、搭乗便はジェット機で、関空には搭乗ブリッジがあるが、奄美空港では降機がタラップになるとして、木島さんは関空の搭乗カウンターでタラップの写真を見せられ、「歩けない人は乗れない」と言われた。木島さんは「同行者の手助けで上り下りする」と伝え、奄美では同行者が車いすの木島さんを担いで、タラップを下りた。

 

 同5日、今度は関空行きの便に搭乗する際、バニラ・エアから業務委託されている空港職員に「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われた。その後、「同行者の手伝いのもと、自力で階段昇降をできるなら搭乗できる」と説明された。

 同行者が往路と同様に車いすごと担ごうとしたが、空港職員が制止。木島さんは車いすを降り、階段を背にして17段のタラップの一番下の段に座り、腕の力を使って一段ずつずり上がった。空港職員が「それもだめです」と言ったが、3~4分かけて上り切ったという。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 こんないきさつがあったようで。

 

  • 車いすを担ぐ→NG
  • 同行者手伝いで自力で(歩いて?)上る→OK
  • 腕のみの完全自力→NG

 ルールはこんな感じでしょうか。

 

 往路便で「歩けない人は乗れない」と拒否されているのに無理矢理乗って、復路で拒否されての行動だったようです。

 これで謝罪させられるなんてバニラエアがかわいそうでなりません。別に乗せたくなくて乗せないのではなくて、危ないからやめとけって言った結果の行動がこれなのですから空港職員としてはそれ以上どうしようもありません。

 

スポンサーリンク

?

 

事前連絡くらいしようぜ

 空港職員が「それでもだめです」と言ったが、3~4分かけて上り切ったという。

 ……うーん、だめって言ったのに? なんでそこまでして上ったんでしょうか。意味がわかりません。そこまでして飛行機に乗りたかったんでしょうか。しかし、そこまでして乗りたい重要なフライトなのにどうやら事前連絡もしていなかったようです。

  木島さんは旅行好きで158カ国を訪れ、多くの空港を利用してきたが、連絡なく車いすで行ったり、施設の整っていない空港だったりしても「歩けないことを理由に搭乗を拒否されることはなかった」と話す。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 

 連絡なく車いすで行ったり……!?

 それで拒否されなかったのはたまたまです。それに歩けないことを理由に拒否しているのではなくて、危険だから拒否しているのです。

 

 事前に連絡していればタラップではなく別の手段を用意できたかもしれないのに、それさえしないなんてどうかしてます。車いすで階段の昇降が自力では出来ないということは本人が一番理解しているはずなのだから、連絡くらいするべきです。事前に1本電話を入れるだけで自力でタラップを上らなくてよくなるのになぜそれをやらないのか不思議でなりません。

 連絡した時点で無理そうだとわかれば、それはそれで事前に予定を変更できるわけだし電話した方が楽じゃん、圧倒的に。馬鹿なの?

 

で、どうすれば満足なんだ?

木島さんは「車いすでも心配なく利用できるようにしてほしい」と話している。

引用元:朝日新聞DIGITAL

 

 つまりは事前連絡も無しに車いすで飛行機に乗ろうとして、搭乗拒否されたら自力で這い上るパフォーマンスをしたという事件なんですが、よくわからないのが、結局どうすればこの人は満足なのかということです。

 危険性があるので規則で禁止されていることを、規則を破って行えば満足していたのでしょうか。しかしそれでは「心配なく利用できる」状態とはいえないような気がします(そう考えるとなぜ這い上ったのかマジで意味不明)。

 

 不満を表明するだけで障害者側から具体案が出されないのが僕は納得できません。どうすれば満足なのかをはっきりと提示してもらえないと、対応する側の人だってどうしようもないはずです。言わなきゃわからん。

 勿論、障害者への配慮は重要なことですが、健常者に障害者の気持ちを完全に理解しろというのは無理があります。だからこそこのようなパフォーマンスではなく、具体的な解決策を提示するべきです。

 

まとめ

 今回の件でバニラエアは謝罪する必要はなかったと思います。

 バリアフリーというのは障害者と健常者の双方の努力によって成り立ちます。今回のように事前連絡のない車いす客を安全面を考慮して搭乗拒否するのは正しい判断だったと思います。

 

 というか、ダメっていわれてるのに(しかもちゃんと理由も説明してるのに)無理にでも飛行機に乗ろうとするその考えが僕には理解できませんでした。 

 

 ではまた。