Travel Banana

旅と映画とバナナの話

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 1 入信編

 僕の母親は僕が2歳の頃から15年くらい、とある宗教にハマっていました。崇教真光というやつ。すうきょうまひかりと読みます。いわゆる新興宗教です。

 

 なぜ母親が宗教にハマり、なぜやめたのか。その間僕や家族はどうしていたのか。というお話。

 

 関連記事:

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 2 守護霊編 - Travel Banana

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 3 巡礼編 - Travel Banana

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 4 脱却編 - Travel Banana

※宗教批判をする意図はありません。

 Superfly

Superfly

崇教真光とは

崇教真光(すうきょうまひかり)は、岐阜県高山市に本部を置く新宗教世界真光文明教団の教祖岡田光玉(本名・岡田良一)の養女岡田恵珠が後継者争いから1978年に分派独立した。現在は岡田光央(本名・手島泰六)が教祖(教え主)。

 引用元:wikipedia

 

 信者数は80万人くらいいるみたいです。なかなか巨大な集団です。

 この真光の特徴的な点は手かざしという技を使うところにあります。「組み手」と呼ばれる信者が手をかざすと、手から波動(!?)が出て、病気や怪我が治ったり、憑いている霊が離れていったりするのだとか。すごいですね。

 

 あの東日本大震災のときも、信者が「手かざし」をした場所は奇跡的に津波の被害を回避できたのだとか。それなら「手かざし」をしながら津波の犠牲となった信者も多くいるのでは?

 

 そして例の如くこの教団にもランクアップシステムがあるようで、数人の勧誘に成功すると中級上級とステータスを獲得できるようになっているみたいです。2,3人でランクアップできるみたいなので他の宗教団体よりは簡単そうですね。

 

 僕の母親も割とアグレッシブに勧誘活動をしていました。しかし、姉以外の家族親戚の勧誘にはことごとく失敗しているので、勧誘はあまり上手くなかったのかもしれません。

 

なぜ母親が宗教にハマったのか

 母が入信するまでの経緯です。

 息子が大事故で死にかけ→障害が残るかも→母、精神衰弱→なんでもいいから縋りたい→勧誘

 という流れがあったようです。

 

俺、死にかけ

 1990年7月。彼女の息子(2歳の僕)が、自宅前で近所に住む老齢の女性が運転する軽トラックにはねられる、という事故が発生します。僕に記憶はありませんが、2歳vs軽トラなのでかなり悲惨だったようです。

 息子は頭から血を流し泣いてすらいない状況。すぐに病院に搬送されますが死にかけ。もし復活しても脳に障害が残ることは覚悟しろと宣告されます。

 

 そこで祖父が一言「障害者になるくらいなら殺したほうがいいんじゃないか」

 

 鬼畜か。もちろん母親はブチギレ&発狂。僕は危うく祖父にとどめを刺されるところでした。

 

そして東京へ

 なんとか一命をとりとめた僕ですが、頭に大きな傷が残ることになりました。それどころか脳に障害が残っている可能性もあります。2歳なので育ててみないとそれはわからないといった感じだったと思います。

 現在、傷は残りましたが奇跡的に障害はありません。多分。 

 

 そんなこんなで青森じゃできない検査とか手術とかをするために何度か東京の病院に通うことになります。この辺からなんとなく記憶があります。

 

母、勧誘される

 息子が死にかけている。その絶望感は計り知れないものがあります。

 なぜ自分のもとにこのような不幸が起こるのか、運とか縁とかそういうコントロールできない力というものはどのように作用するのかということを考えていた、と母が言っていました。

 そんな中、母親は東京で宗教の勧誘されます。崇教真光。

 

 先祖や守護霊同士の因縁や苦しみを何とか自分たちに伝えるために色々な事故や不幸が起こるのだと彼らは言います。真光的にいうと、僕の事故も父方の先祖の因縁やら何やらで長男である僕が標的になったのだとか。助かったのは守護霊がなんちゃらかんちゃらなのだとか。

 

 ……そ、そうだったのか……スピリチュアル!!

 

 いつどのように勧誘されてどのような会話があったのかはわかりませんが、ともかく彼女はなんとなくの解答を得たような感じになったのでしょうか、入信してしまうわけです。

 

 これはかなり同情の余地があるのではないでしょうか。ちょうど縋りたいと思っていたところに神様の方からやってきたんだから。わからなくもない。

 

スポンサーリンク

?

 

宗教に付き合わされる幼少期

 わからなくもないが、死にかけてる本人はそんなもんまったく知らんわけです。勘のいい僕は2歳か3歳で早速母親の宗教活動に思いっきり反抗します。 

 

 具体的には、母はちょっと買い物なんかに行くとその行きか帰りには必ず「お浄め所」と呼ばれる信者の集会所に寄ります。もう第2の家かというくらいに通い詰めます。そこで僕はまず車から降りないという作戦をとります。断固拒否です。しかしそれに失敗し、引きずり出されると今度は、帰りたいと泣き叫ぶ号泣作戦。

 

 もちろん信者たちの行う「手かざし」なる行為も拒否。正座して目を瞑って10分間眉間に手をかざされるというのが基本のやつみたいなんですけど、なんの罰ゲームだよ。これをやるとすっきりする? しないよ! 子供にはしんどいだけだよ。

 とにかくはやく家に帰らせろと訴えます。

 

 しかし母の信心はかなり深くなかなか家に帰れません。手をかざしたり、かざされたりをずーっとやっています。息子を無視してお前は一体誰のために入信したんだ、と問いたいところです。そのせいで見逃したテレビ番組がいくつあることか。

 そんなこともあってか僕は家にいるのが大好きなインドア人間へと成長しました。

 

 自分でも不思議なんですが、そんなに幼少期から、布教というか勧誘というか説得というか、お前も入信しなさいと約15年間言われてきたのに、宗教にまったく振り向くことなく生活してきました。

 ある程度付き合わされてきてはいるんですが、変わった人たちだなぁと思いながら見ていました。

 

まとめ

 こうして僕の母親は楽しい真光ライフをはじめたのでした。

 身内の不幸(病気、怪我、死別)→宗教に入信、という割と一般的ともいえるパターンでした。僕はあまり好きではありませんが、その宗教が当事者の心の支えになっているのもまた事実。否定するのも肯定するのもなかなか難しいことだなぁと思います。

 

続き:

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 2 守護霊編 - Travel Banana

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 3 巡礼編 - Travel Banana

母親が15年くらい崇教真光にハマっていた話 part 4 脱却編 - Travel Banana

 

 もう一度、崇教真光を批判する意図はありませんよ!経験した事実を語ってるだけだからね!

 ではまた。