Travel Banana

旅と映画とバナナの話

【映画レビュー】慈悲(Mercy) 母親の遺産を巡る話かと思いきや ネタバレ【Netflix】

 ネットフリックスオリジナル作品、慈悲(原題:Mercy)を鑑賞しました。

f:id:kogawahayato:20170621000622j:plain

 以下ネタバレ有りの感想。

 

あらすじ

 とあるアメリカの田舎町。医師のターナーはミッチェル氏のもとを訪れる。ミッチェル氏の妻グレースは難病を患い、回復の見込みは薄かった。そんな彼女のために"楽になる薬"を届けに来たのだった。そんな薬はいらないと突っぱねるミッチェルに対して「グレースを早く楽にしてやれ」といって無理やり薬を置いてターナー医師は帰ったいった。

 

 ミッチェルには2人の息子、ロニーとTJがいた。3人で看病しているところに彼らの異父兄弟であるトラヴィスとブラッド、ブラッドの彼女のメリッサが母の見舞いのために訪れる。グレースは多大な遺産を持っているため、相続を狙う男たち5人それぞれの思惑が交錯する。

 

 その夜、覆面の男たちがブラッドトラヴィス兄弟を襲う。電話線は切られ、電気もつかない。ロニーとTJとミッチェルも家からいなくなっている。母親の部屋まで追い詰められ窓から見えたのは炎で描かれたMERCYの文字。

 

 視点は覆面男たちに移る。彼らは熱心な新生教会の信者であったグレースの教会仲間たちだった。医師ターナーを中心とした彼らは彼女に"楽になる薬"を投与するために家を襲ったのだった。

 まず父親ミッチェル、ロニー、TJと襲っていき、トラヴィスも銃で殺害してしまう。「殺すはずじゃなかった」と泣き出すメンバーもいる中、計画は進められていく。

 メリッサを襲い、ブラッド1人をグレースの眠る部屋まで追い詰める覆面の集団。

 

 追い詰められたブラッドはついに薬を投与すると宣言する。

 投与された薬はMERCY(Medically Ethical Recovery Care)回復介助治験薬だった。これによりグレースは難病から解放されるのだった。

 

感想

全体的に暗くて見にくい

  深夜に覆面男たちが寝込みを襲うというサスペンスなので仕方がないといえば仕方がないのかもしれませんが、それにしてもくらいシーンが多すぎです。1時間くらいずーっと真っ暗。パソコンのスクリーンで見るにはちょっと辛かったです。

 

 しかも真っ暗な中で動き回るので何をやってるのかがわかりません。今何やったんだ?という部分が多数。

 そういうアクションパートにあまりこだわりが無い僕でもそれなりにフラストレーションを感じるので、ここで耐えられなくなる人がかなりいるんじゃないかなと思いました。

 

 夜ってわかるように演出して、もう少し画面を明るくしてくれたらもっと楽しめたのになぁ。

 

 キャラ付けが弱い

 4兄弟のキャラ付けがとても弱いです。ほぼ同じタイミングで無個性な男4人が重要人物として登場するので、誰が誰だかわからないまま話が進んでいってしまいます。

 

 髪型も、顔も、服装もなんかみんな普通なんですよね。もっとキャラ付けがないと。せめてそれぞれの遺産が必要な理由とかを明確にしてくれたらわかりやすくなるのに。

 それかイケメン、オタク、デブ、革ジャンみたいなキャスティングにするとか。

 

 そのキャラ付けのためにあと30分くらい使っても良かったと思います。

 

スポンサーリンク

?

 

覆面の正体

  覆面の正体は最初は親子3人だと思わせておいて、実は最初に出てきた医者でしたっていうのはよくできてるなと思いました。すかっり騙されました。

 あっさり殺されるロニーTJ兄弟はちょっと可哀そうな感じがします。もう少し見せ場があればよかったのに。ただの感じ悪い兄弟で終わってしまいました。

 

 どうせなら遺産目的で殺しあうバトルロワイアル的なのが見てみたかったなとも思いました。

 

メリッサいらなくね?

 教会が出てきたあたりで、黒幕メリッサもありえるか? と予想しましたがそんなことはありませんでした。で、殺されたのか生きてるのかも言及されずに終わって、ストーリー的に彼女を登場させる目的がよくわからなくなりました。ただの説明を聞く係? それにしては説明不十分な部分が多い気がします。

 

 あ、襲われて絶叫あげる係か。毛利蘭的な?

 

ラストシーンの発砲「結末は自分で考えろエンド」

  ラストシーン、グレースが助かって担架でどこかに運ばれて行きます。それを茫然と見ているブラッドの前にターナー医師が現れ拳銃を取り出します。

 画面が風景の画に変わって、銃声が1発。

 

 ブラッドを撃ったようにもターナー医師が自殺したようにも受け取れます。ちょっと前まで流行っていた「結末は自分で考えろエンド」です。

 

 こういう終わり方って、流行りそうな有名になりそうな考察記事が乱立する映画でやるから面白いのであって、ドマイナーなこの映画でやっても面白くないというか、効果的な演出ではないような気がします。

 

 僕としては医者が目の前で自殺して、ブラッド更に茫然っていう終わりが見たかったです。

 「母親を見殺しにしようとしていた&犯罪の目撃者であるブラッド達全員を始末」というよりは、「人を救うはずの医師であり教会の熱心な信者が罪のない人を殺してしまった、という罪の意識で自殺」のほうがしっくりくるような気がします。

 

 マイナー映画すぎてこの考察やってる人まだ見つけられません。僕だけじゃないですか?

 

まとめ

 なんだかとっても惜しい映画だなぁと思いました。母親を殺そうとしているのは実は兄弟たちで、覆面達は実は母親を助けようとしているっていうトリックとか最後のどんでん返しとかはかなり練られていて楽しめるだけに、惜しい。

 演出の部分でかなり評価を落としている感じがします。暗くてわかりづらい、何をやってるのかがわからないという声があがっているのがもったいない映画です。

 短めでサクッと見れるサスペンス。

 

 ではまた。