Travel Banana

旅と映画とバナナの話

意外に名作揃い!? "Netflixオリジナル映画" オススメ5選

スポンサーリンク

f:id:kogawahayato:20170801200108p:plain

 

  HuluやAmazonプライム・ビデオなど、動画ストリーミングサービスは数多くありますが、その中でも海外映画においてはNetflixは他を圧倒しています。

 

 Netflixの強さの秘訣はオリジナルコンテンツの多さにあります。

 このオリジナルコンテンツ、個人的には「面白くないんじゃないの?」と最初は思っていました。量販店のプライベートブランド製品の質が低いのと同じように、動画配信サイトのオリジナルコンテンツもたいして面白くないのではないか、と考えてしまうのです。

 

 しかし、面白くなさそうという予想だけで実は面白いかもしれないものを見逃してしまうのは非常に勿体ないことです。そこで僕はNetflixオリジナル作品を新しいものを中心に見てみることにしました。

 

 予想通り、どうしようもないほどにつまらない映画もありましたが、"隠れた名作"と呼べるような面白い作品も数多くありました。今回はその中から特にオススメの5作品を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

1. オクジャ/Okja

f:id:kogawahayato:20170801212834j:plain

少女にとって、幼い頃からずっと一緒だった巨大生物は大切な家族。たとえ命を懸けても、大人の陰謀の餌食になどさせない!

引用元:Netflix

 

 韓国・アメリカ制作、ポン・ジュノ監督の映画です。

 

 家族同然に扱ってきたペットの豚(?)のオクジャがある日突然連れ去られ、豚を取り戻すために少女が大人たちに立ち向かう、というのが基本のストーリー。その裏で食肉加工会社の陰謀や動物愛護団体の活躍などが描かれます。

 テーマは資本主義と動物愛護。

 

 CGで描写される新種の豚オクジャの動きや表情がとても美しく、製作者の魂を感じます。また、そのCGに合わせる女の子の演技も素晴らしいです。

 見た感じ子供向けファンタジーかな? という雰囲気ですが痛烈な風刺やメッセージ性があり、ちょっと子供には見せられないなというシーンもあります。

 

 ストーリー的に矛盾する点やツッコミどころも多々あるんですが、それを差し引いてもかなり面白い映画です。コテコテの韓国っぽいコミカルな表現や、色の使い方が好みの別れるポイントかもしれません。

 

 

  ネタバレ感想記事はこちら

www.travelbanana.net

 

2. チェイシング・コーラル -消えゆくサンゴ礁- 

f:id:kogawahayato:20170801230024j:plain

かつて息を呑むほどに美しかった自然が直面している痛ましい現実。気候変動による海底の自然破壊は、ここまで進んでいる。

引用元:Netflix

 

  ドキュメンタリーというジャンルは日本ではあまり一般的ではない感じがしますが、コアな世界まる見えだと思えばかなり楽しく見ることができます。

 

 Netflixには面白いドキュメンタリーがいくつかありますが、僕はそのなかでもこのチェイシング・コーラルをオススメします。

 地球温暖化による海水温の上昇で世界各地のサンゴ礁が減り続けているということを世に知らせるため、サンゴが死んでいく様子をサンゴが大好きな人たちが撮影するというちょっと悲しいドキュメンタリーです。

 

 水温の変化でかなり多くのサンゴ礁がなくなっているということは単純に驚きでした。神秘的で美しい海中の映像に癒されます。

 

 

 ネタバレ感想記事はこちら

www.travelbanana.net

 

3. クリニカル

f:id:kogawahayato:20170802233722j:plain

彼女はトラウマ治療を専門とする精神科医。だが、過去の恐ろしい出来事が頭から離れることはなく、彼女自身を蝕んでいた。

引用元:Netflix

 

 Netflixのホラー&スリラー映画です。目の前で患者の少女に自殺をされるという過去を持つ精神科医のジェーン。そんな彼女が仕事に復帰するもののトラウマに悩まされ、次第に少女の幻影に襲われることになっていき…… というお話。

 

 映画の冒頭でトラウマシーンをいきなりぶち込んできます。これが結構ショッキンググで、心拍数があがります。白装束で色白、黒髪ロングの女の子がことあるごとに主人公の周りをうろつくという、ホラーとしては定番のやり方ですが、後半になるにつれてサスペンス要素も増えていきハラハラドキドキです。

 

 京極夏彦の小説が好きの人に特にオススメしたい作品です。

 

 

 ネタバレ感想記事はこちら

www.travelbanana.net

 

4. キミとボクの距離

f:id:kogawahayato:20170803000257j:plain

自分と同じ人類のいる地球に行ってみたい。火星生まれの少年が、会いたい人への想いを胸に宇宙を旅する。地球は彼の星になるのか?

引用元:Netflix

 

  邦題がものすごくダサいんですが、なかなか良い映画なのです。

 

 火星で生まれた火星人の少年が地球に憧れを抱き、ついには地球に行って父親を捜す! ついでにチャットで仲良くしてた女の子を彼女にする! というとにかく楽しいものを詰め込んだお話。

 

 将来、火星に移住することができるようになったらこんな感じかな、とか地球と火星で遠距離恋愛したらこんな感じになるのか、とか興味深い点も多い映画でした。ストーリー的にはいろいろ無茶苦茶なところがあるんですけどね。

 

 そもそも主人公が火星生まれというバカみたいな設定なので、細かいことにいちいち口を挟んではいけないのです。美しい映像と、主人公2人の初々しい恋愛模様と、惑星間で展開される親子愛を眺めながら「やっぱり愛っていいよね」とか言いながら見ると幸せになれます。

 

 

 ネタバレ感想記事はこちら

www.travelbanana.net

 

5. 心のカルテ

f:id:kogawahayato:20170803011540j:plain

拒食症を抱える20歳のエレンは、型破りな医師が運営するグループホームに入所する。心の痛みと向き合い、時には笑いながら、自分を見つめる新生活が始まった。

引用元:Netflix

 

 拒食症の女の子が、拒食症の人が集まるグループホームで生活する姿を描く作品。拒食症なだけあってみんな細い! ガリガリです。役者魂を感じます。

 

 食べたいけど食べられない、食べたくないけど食べられるようになりたい、という摂食障害の理解されにくい部分をわかりやすく描写していてとても面白かったです。ストレスや強迫観念を抱えたまま明るく振舞おうとする姿は痛々しいですが、暗い雰囲気に寄せすぎずに端々に笑いどころを差し込むのはうまいなぁと思いました。

 

 海外では拒食症を引き起こすトリガーになるのではないかということで賛否両論のようです。僕はまったく拒食症になる気配がありませんが一応要注意です。

 

 

 ネタバレ感想記事はこちら

www.travelbanana.net

 

まとめ

 さて、そんな感じでオススメのNetflixオリジナル映画をまとめてみました。おもしろい作品が意外に多くて、もうちょっと紹介したいところですが今回はこの5つということで。

 今後もオリジナル作品が続々と追加されていくはずなので注目していきたいです。

 

 とりあえず今月末に公開予定の海外版デスノートが非常に楽しみです。

 

 

 ではまた。

Netflix

Netflix