Travel Banana

旅と映画とバナナの話

シドニーの紀伊國屋はオーストラリアどころか南半球最大規模だった

スポンサーリンク

 日本人的な感覚でいくと、ある程度の大きさのショッピングセンターとか駅前、駅ナカには本屋があって当たり前なんですが、オーストラリアでは本屋はとても少ないです。特に大型の書店。

 

 町の中を探すと小さい本屋がぽつぽつとあって、ひっそり頑張ってるのを見かけたりしますが、やっぱり少ないです。その代り、スーパーや雑貨屋で本が売られていたり、図書館がやたらと大きかったりします。

 

 そんな本屋事情の中で異様に大きな書店がシドニーの町のど真ん中にあります。その名も   KINOKUNIYA   なんか日本でも聞いたことあるぞその名前!

 

天国の本屋 恋火 (新潮文庫)

天国の本屋 恋火 (新潮文庫)

 紀伊国屋

 そうです、あの紀伊国屋書店がシドニーにもあるのです。しかも南半球最大の書店なのだとか。本好きの僕には非常にありがたいです。

 場所はタウンホール駅前、QVBという有名な商業施設の向かいにある、The Galeriesというショッピングセンターの中にあります。(Galeriesに入ってる他の店もやよい軒、寿司屋、ラーメン屋、無印良品、Superdry極度乾燥しなさい、など日本色が結構強い)

 

australia.kinokuniya.com

 

品揃え

 この紀伊国屋、品揃えがすごいんです。英語の本はもちろんたくさんあります。オーストラリアの本の他にも、アメリカ、イギリスからもかなり輸入されています。

 日本の有名な作家の本も、英訳されて売られています。見つけたのは、太宰治、夏目漱石、梶井基次郎、村上春樹、村上龍、吉本ばなな、などなど。表紙絵が日本のものと全く違うので面白いです。

 

日本の本も!

 日系書店だけあって日本語の本の数はかなり多いです。というかもう普通の日本にある本屋と一緒。欲しいマンガはだいたい置いてあるし、小説も最新のが読めるし、少年ジャンプもちょっとだけ遅いけど毎週来ます。英語学習の教材とか、観光ガイドも日本語のものがオーストラリアで手に入れられるのはとても助かります。

 

その他の言語も充実!

 英語日本語以外にも、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語などなど各言語の色々な本が売られています。さすが移民の国!

 ここで面白いのが中国語で英語を学ぶ本とか、フランス語で日本語を学ぶ本なんかがあること。その逆もあって、英語で中国語、英語で日本語とかもあります。

  フランス語って難しそうだけど、英語で勉強すると簡単そう、とか外国人はこうやって日本語を学ぶのかとか、色々妄想が捗ります。

 

 英語なら漫画が立ち読みできる!

  日本語の漫画は日本同様ビニールがかかって読めないようになってるんですが、英語版は……あれ、立ち読みし放題じゃね? 

 ドラゴンボールやナルト以外にも、最近の漫画も翻訳されて売っているので魅力的です。子供たちに囲まれながら読み続ける精神力があればの話ですが。

 

スポンサーリンク

?

 

値段が高い……

 オーストラリアの本以外は輸入しているものなので値段が高いです。英語の本でもアメリカのものや、イギリスのものがあって意外と高かったり……

 

 日本の本は定価の1.5倍から2倍くらいの値段です。

f:id:kogawahayato:20170516210312j:plain

  --定価430円の小説が約850円に、英訳版は更に倍!

 

 日本の本がオーストラリアで高価な理由が日豪プレスのインタビューで詳しく書かれていました。

── 季節もそうですが、価格設定が高くなってしまっているという点ではご苦労されていることと思います。
 

大田 そうですね。日本の場合は返品制度があるため、売れ残った商品の多くは返品しますが、海外では流通関連コストが非常に大きいので発注はよりシビアです。日本だと取次会社によって自動的に本が書店に届く仕組みが整っていますが、海外の場合、自動で送られてきてしまうと在庫が過剰に増えてしまうリスクがあるんです。
山田 それ以外にも日本の再販制度のしばりに乗ることができないので、その分のリスクを含めた価格設定にどうしてもなってしまいます。

 返品が出来ないことと、流通コストが高いことが理由みたいです。 

 

 ちょっと古い記事ですが、面白いインタビュー。2013年のもの。

nichigopress.jp

 

割引になるカード?

  インタビュー内で年会費15ドルで毎回10%引きになるメンバーカードが紹介されているんですが、これってまだあるんでしょうか。めっちゃお得なのに知らなかった…… 

 

 と思ってツイッターで検索してみるとどうやらKinoCardというのを発行しているようです。年に150ドル以上本を買う人はお得! たまにメンバーは20%オフのキャンペーンとかやってるみたい。

 

 ウェブサイトにもちゃんと載ってました。

www.kinokuniya.com.au

 

 有名カフェを併設!

  紀伊国屋の隣にはカフェが併設されています。シドニー郊外ニュータウンに本店を置くBlack Star Pastry  ストロベリーウォーターメロンケーキ、つまりイチゴとスイカのケーキで有名です。

f:id:kogawahayato:20170516185120j:plain

photo by Julie Choi

 僕はこれ、まだ食べたことがないんですが、僕の彼女のお気に入りのようで、感想を聞いてみると、

「他のオーストラリアのケーキは大体クリーミーすぎるんだけど、これはさっぱりしてておいしい。分かれてる各層が全部特別な味がしてグッド。新鮮なフルーツを使ってるのも良し。ちなみに上に乗ってるのはバラの花とピスタチオ」

 とのこと。イチゴとスイカって組み合わせたらどんな味なんだろう。

 

 買った本をコーヒー飲みながらすぐに読めるのっていいですよね。東京にもそういう本屋はたくさんありますが、シドニーにもありました。 

 

リンク:Black Star Pastry

 

まとめ

 海外で本を買うなら電子書籍のほうがおそらく楽だと思うんですが、やっぱり紙の本もいいなぁと思います。CDと同様にこれからどんどん縮小していくジャンルではあるんですが、まだCDほど衰退していないと思います。

 

 大きい本屋ってただブラブラ歩いてるだけでも楽しいですよね! 外国語になっても、言葉がわからなくてもやっぱり楽しいよ! シドニーに来たら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 ではまた。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 こんな記事も書いてます

シドニーで抹茶が流行りすぎてるから紹介してみるよ!

シドニーラーメン界における絶対的エース YASAKA Ramen 弥栄 

ブログ飯をタダ飯したから感想書くよ!

津軽出身の僕が勧める太宰治の "タダで読めるクッソおもろい短編" 4つ 

そもそもワーキングホリデーってなんなの、という人のために 

売れないバンドってなんでまだCD作ってるの? 

シドニーでTinder使ったら中国人の彼女ができたよ 

オーストラリアで中国人の彼女と結婚して永住権を取るまでの費用を調べたらめちゃんこ高くて俺の心が宇宙に帰依する