Travel Banana

旅と映画とバナナの話

そもそもワーキングホリデーってなんなの、という人のために

スポンサーリンク

 このブログはワーホリ、旅行、海外生活を主に扱う(はずの)ブログなんですが、只今、大問題が発生しております。

 

 肝心のワーホリ記事が全然読まれていない!

 

 これは困った。ワーホリ記事が読まれない。読まれないので僕も書かない、という悪循環が発生しています。この状況をなんとか改善せねば。記事が面白くないのか? いや、そんなはずは……

 

 そもそも読者の皆様、ワーホリって一体なんなのかご存知ですか? もしかしてそこに原因があるのでは? ということで今日はワーキングホリデーってなんなのかということを書いていきたいと思います。

 

 聞いて驚け見て喚け! これがワーキングホリデーだ!

 

 ※僕はオーストラリアにしか行ってないので基本的にオーストラリアのワーホリについて

成功する留学 ワーキングホリデー完ペキガイド (地球の歩き方 成功する留学)

ワーキングホリデー制度とは

ワーキング・ホリデー英語: Working Holiday)とは、2国間の協定に基づいて、青年(18歳〜25歳または30歳)が異なった文化(相手国)の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために一定の就労をすることを認める査証及び出入国管理上の特別な制度である。

原則として、各相手国ごとに一生に一度しか利用できない。

引用元:wikipedia

 

 つまり、協定を結んでいる国にほぼ無条件で1年間滞在できるという夢のようなビザです。このワーホリ制度のすごいところは就労、就学を認めているところ。通常、外国で働く場合は就労ビザ、学校に通う場合は学生ビザの取得が必須です。そして就労ビザ、就学ビザの取得は条件が厳しいです。英語能力、働くためのスキル、学歴、年齢制限など色々な条件を満たす必要があります。

 

スポンサーリンク

?

 ワーホリはほぼ無条件でビザ取得可能

 しかし、ワーキングホリデーはほぼ条件無しと言ってもいいくらいにゆるい! 僕が実際にワーホリで行ったオーストラリアの場合は、簡単な質問に答えてお金を払うだけでビザが取得できました。

 

 国によっては人数制限があったり、抽選だったりします。ですが他のビザに比べると基本的には簡単に取れるビザです。

 

1番の条件は若いということ

 ただし年齢制限があって大体どこの国も30歳まで。これはワーキングホリデーが若者の育成のための制度だからです。

 

詳しいビザの条件など

 

自力で申請する場合

 

 

何をしてもいい

 旅をする、働く、勉強する、ミュージシャンになる、コメディアンになる。なんでもありです。自由。自由過ぎて逆に現地で何をしたらいいかわからない、と悩む人が続出するほどです。僕の場合は多くの期間をバナナファームで働くことに費やしました。南国生活って感じでした。

 

 大体の人は語学習得かお金を貯めることを目的にしています。留学エージェントなんかに行くと、どういうことが出来るかということを教えてもらえたり、サポートしてもらえます。でも、一般的なことしか言わないので一長一短って感じです。

 

まとめ

 ワーキングホリデーについて理解していただけたでしょうか。簡単にまとめると

 

・1年間滞在可能(観光ビザは3か月まで)

・働ける(同一雇用主で6か月まで、観光ビザでは不可、学生ビザの場合週20時間まで)

・学校に通える(4か月まで、観光ビザでは不可)

 

 こんな感じ! 海外に1年間条件無しに滞在できるビザ! わくわくしませんか?

 ではまた。

Yeah! めっちゃホリディ

Yeah! めっちゃホリディ

 

 関連記事

僕が旅に出る理由はだいたい100個くらいあって 

オーストラリアワーホリ生活を振り返る 1年目その1 絶望のシドニー編 

オーストラリアワーホリ生活を振り返る 1年目その2 ファームジョブ探し編 

オーストラリアワーホリ生活を振り返る 1年目その3 バナナライフ編 

ワーホリに行く前に知っておくべき日本の文化 

シドニーでTinder使ったら中国人の彼女ができたよ 

【運営報告】ブログを1か月続けてみた結果 

「英語が話せる」と宣言すれば英語は話せる