Travel Banana

旅と映画とバナナの話

ジャパレスで働くってそんなに悪くないぞ メリットデメリット

 オーストラリアワーホリを振り返る 2年目その4 ジャパレス編です。

 

 ワーホリで海外に行くと現地で働くことができるんですが、色んなワーホリブログを読んでると、ローカルのタックスジョブのところで働くのが一番いいという意見でほぼ一致しています。というか実際に働いてる人の自慢にしか見えないブログがたくさんあります。

 ローカルっていうのはつまり地元の企業のことで、タックスジョブっていうのは最低賃金を守って福利厚生がしっかりしてるところということです。

 

関連記事

そもそもワーキングホリデーってなんなの、という人のために

 

 ローカルのタックスジョブが一番いいのはわかりますが、それじゃあジャパレスが全然ダメかというと実はそうじゃないんだぜ! と僕は言いたい。

 

ひとり分の和食

 

ジャパレス!

 ジャパレス!ジャパニーズレストランの略。寿司もテンプラもラーメンも焼肉も全部ジャパレス。なんて雑なカテゴライズ!

 

 日本人が経営しているところが多いですが、韓国系中華系オーストラリア系などなど色々あります。日本食の需要は高まっているのです! つまり日本人が働く環境は増えていっています。寿司を握れたらワークビザは楽勝で取れるはず。

 

僕は日本人経営の焼肉屋で働きました

 13か月のファーム生活を終えて、僕はシドニー市内にある焼肉屋でホール担当として働き始めました。

 時給は16ドル。オーストラリアの最低時給は約17ドルで、これは違法なんですが、ジャパレスで16ドルは実はめちゃくちゃいい方です。12ドルとか13ドルのところが普通にあります。電話して時給聞くだけで電話切られるところもあるくらいです……

 

 仕事内容はお客さんを案内して、コンロに火をつけて、肉を出す! って感じでした。日本の焼肉屋とあんまりやることは変わりません。 ただ日本の飲食店と比べると仕事に対してキッチリしてる感じがします。ファームでゆるゆる生活をしていた僕としてはそこがちょっと辛かったです。

 

 関連記事

 

 結局その焼肉屋は3か月くらい働いてやめました。ローカルジョブの誘いがあったことと、店長にあまり好かれていなかったというのが理由です。

 

働いてみて感じるジャパレスのメリット

誰でもすぐに雇ってくれる

 一番のメリットはすぐに雇ってくれるところです。英語が話せなくても、未経験でも、日本人という肩書だけで雇ってくれるところがたくさんあります。異常です。日本では考えられないですよね。雇う理由が「日本人だから」 これは海外慣れしてない時期にはとてもありがたいと思います。

 

意外と英語の勉強ができる

 日本人以外のもお客さんとして外国人がたくさんやってきます。むしろ日本人客のほうが少ないです。なのでホール担当になると英語を使うチャンスは意外と多くあります。接客用語、料理用語など新しい知識も身につけられます。

 

 そして何より日本人に教えてもらえるというのが大きいです。ジャパレスの正社員は大体英語がかなり話せるので、そういう人に接客英語とか料理の説明の仕方とかを聞くと丁寧に教えてくれます。即効で使える英語を働きながら覚えられるというわけです。

 

ご飯がうまい

 オーストラリアで日本食を食べるとありえないくらい高いです。生姜焼き定食が20ドルとかラーメンが15ドルとかします。しかしジャパレスで働くとそれがタダ。食費を浮かせることで安い賃金と相殺です。そう思わなきゃやってられんのです。

 

スポンサーリンク

?

 

デメリット

  もちろんデメリットもたくさんあります。

良くも悪くも日本

 全世界において、日本製品や日本のサービスのクオリティって異常に高いです。で、ジャパレスで働いたらそれを自分がやらなきゃいけない。実際、アルバイトでこの低賃金でそこまでやるのはちょっと……と思うことも多々あります。

 

 それから無駄に礼儀にうるさかったりもします。客層がほぼ外国人でその人達に伝わらない部分のことは省いてもいいと思うんですが、ジャパレスはやります。おもてなしとか言いながら。

 外国人客に日本語で「いらっしゃいませ」と言う意味はあるんだろうか、と思いながらずっと働いていました。

 

関連記事 

 

低賃金、手渡しの給料

 ほとんどのジャパレスは最低賃金を守っていません。守っていないので、記録を残さないように振込ではなく手渡しです。

 彼らの言い分としては、「"ローカルで働くスキル"のない君たちを雇ってあげてるんだから我慢しなさい」ということらしいです。うーん正論。嫌なら他を探せってことですね。自分を磨いて抜け出すしかない! 逃した魚はでかいと思わせるべく頑張るのだ。

 

 実は学生ビザを持ってると逆にこの給料手渡しはありがたいです。学生ビザは週に20時間しか労働できないという決まりがあるので、この記録に残らないやり方で生活費を賄っている人が多いようです。

 

使い捨て感がすごい

 ワーホリで働く人はだいたい3か月とかでやめてしまう人が多い上に、1つの雇用主の下で働ける期間が6か月と決まっています。つまりすぐいなくなります。どうしても雇う側はワーホリを邪険に扱いがちです。もちろん人によって違うんですけどね。

 

劣等感がすごい

 多くのブログ、ワーホリエージェントなどがジャパレスで長期間過ごすことを失敗例として扱っています。「英語がわからず、ジャパレスで働いて、日本人の友達しかできない」みたいな感じでね。

 そんなこと言われるとなんかジャパレスで働くのがちょっと惨めに感じるじゃないか。俺のワーホリは失敗なのか。と段々思うようになってくるわけです。

 

 でもそんなことはない。友達はいくらでも作れるし、日本人の友達でも本当に仲が良いならそれはすごいことじゃないですか。ていうかお前ら国籍で友達選んでんのか。

 

 関連記事

 

 何を持ってして成功なのか失敗なのかとか、他人がどうこう言うことではないはず。

 そもそもワーホリに行く20代後半の人なんてどうせみんな人生失敗してるんだから、今更ワーホリ失敗もクソもないじゃないか。もっと適当にいこうぜ。

 

まとめ

 ジャパレス。みんなが言うほど悪くはないよ。特別良くもないけどね。自分が成長するためのワンステップとしてはとても有効な手段だと思います。百聞は一見に如かず。

 ではまた。

全日本プロレステーマ大全集 vol.3 THE BEST OF ALL JAPAN PRO-WRESTLING THEME’98

全日本プロレステーマ大全集 vol.3 THE BEST OF ALL JAPAN PRO-WRESTLING THEME’98

 

 関連記事

オーストラリアワーホリ生活を振り返る 2年目その3 シドニーで生活の基盤を作る 

シドニーでTinder使ったら中国人の彼女ができたよ 

人生でやりたい100のこと 

オーストラリアワーホリ生活を振り返る 2年目その2 バナナファーム再び!

は?川﨑宗則的英会話? なんで英語話す人はみんなテンション高いんだ。

実際にフィリピン留学してみて感じたメリットとデメリット 

自由度の高いオーストラリアと育成型の日本 働き方で感じるギャップ 

オーストラリアで中国人の彼女と結婚して永住権を取るまでの費用を調べたらめちゃんこ高くて俺の心が宇宙に帰依する 

シリア情勢がわけわからんので三国志に例えたらものすごく乱世!