Travel Banana

旅と映画とバナナの話

長旅にオススメ! 無印良品のネッククッション(ネックピロー)

f:id:kogawahayato:20170602233418j:plain

 

無印良品のフィットするネッククッションを購入しました。

今まではドン・キホーテで買ったエアータイプのネックピローを使っていたんですが、穴が開いて使えなくなってしまいました。そこでちょっと値段高めですが無印ネッククッションを使ってみることにしました。

 

無印良品 フィットするネッククッション

空気を入れるタイプのネッククッションは使おうと思ったタイミングでなぜか穴があいてしまう(ような気がする)ので今回はしっかりしたものを買おうと思い、前々から気になっていた無印良品のフィットするネッククッションを購入することにしました。

ビーズの手触りが良かったのが決め手。人をダメにするソファと同じビーズが使われているとかいないとか。

 

f:id:kogawahayato:20170603000806j:plain

使用感

ビーズのおかげで形が流動的なので、自分の好みの姿勢に合わせて使うことができます。片側だけにビーズを寄せたり、顎を支える姿勢にしたりなどなど。かなり良い感じ。肌触りも良い感じ。沈み込みが大きいので硬めの枕が好きな人には合わないかもしれません。

でももうちょっとビーズが詰まっててもいいかなとも思います。

 

もう一つ買って腰に巻くのも有りかも…… 

 

大きさは意外と気にならない

空気タイプのものよりは圧倒的にかさばります。しかし持ち歩く際はスーツケースのハンドル部分にひっかけられるのでそれほど気になりません。重さも約250gで軽いです。

基本的に乗り物の中で使うものなのでネックピローはスーツケースの中に入れる必要がないんですよね。目的地に着いたらスーツケースと一緒にホテルに預けるなりコインロッカーに入れるなりすればいいので邪魔になりません。

旅行にも普段使いにも

ネックピローは旅行の移動のときしか使わないので適当なものでも良いと思っていました。しかしこの無印のネッククッションは結構普段使いもできてしまうのです。腰に巻いたりアームレストにしたり。

 

それから海外の安宿に泊まって枕が低くてどうしても眠れないときにも使えます。僕は枕は高いほうがいい派なので重宝しています。

 

最近だとフード付きのものまであるみたいです。寝てる間ずっとアイマスクしてると耳が痛くなるので、それが解消できるかもしれません。 

 

ちょっと気になるところ

伸びる

長く使っていると、カバーが伸びてきます。

f:id:kogawahayato:20170603000834j:plain

このへん。長さが調整できる留め具に直結する部分が伸びてきます。この部分が伸びることによって、長さの調整という機能が意味を失ってしまいます。常に最短の設定にせざるを得ません。

スーツケースのハンドルにかけるとダラーンとしてしまうし、首に巻いたときのフィット感も弱くなります。替えのカバーが売られているので交換することで解決できますが、費用が……

この素材自体が伸びやすい素材っぽいので買い替えの効果が短めなのが残念。

 

洗えない

本体(中身)は洗えません。まぁ素材的に仕方がないことでしょう。しかし、僕が買ったオーストラリアバージョンのネッククッションはカバーも洗えません。日本で売ってるやつはチャックがついてて外して洗えるのに!

f:id:kogawahayato:20170603000901j:plain

Do not wash だと!? 欧米人の衛生観念はどうなってるんだ。しかも日本で買うより高いのに。この怒り、憤りを僕は一体どこにぶつけたらいいのだろうか。

 

ネッククッションは旅行に行く前に日本で買いましょう。 

 

まとめ

そんな感じで無印のネッククッションの使用感をまとめてみました。総合的には良い買い物したなぁと思います。

お気に入りのネッククッションで楽しい旅を。

 
ではまた。