Travel Banana

旅と映画とバナナの話

S字フックを海外旅行に持っていくと超便利

f:id:kogawahayato:20180709225122p:plain

海外旅行に持っていくべき便利アイテムはいろいろありますが、僕はS字フックをオススメしたい!

 

いろいろなものをあらゆる場所にひっかけられるS字フックですが、旅行の持ち物としてはあまり紹介されていません。この記事ではS字フックいかに旅行で役にたつのか、その地味な魅力をお伝えします。

 

特にバックパッカーやゲストハウスのような安宿や格安航空を利用する人向けです。

S字は地味だが役に立つ

なんでもひっかけることができるS字フック。海外旅行には少し大きめのものを持って行くと特に役に立ちます。

軽くて小さいので、バックパックやスーツケースのスペースを奪うことなく持ち運ぶことができます。

 

トイレで

S字フックは世界中のトイレで大活躍します。

 

海外のトイレの個室に荷物を掛けられる場所があるとは限りません。1人旅をしていて大きいリュックやバッグを持ってトイレに入るのは意外と大変です。

 

トイレの床に荷物は置きたくないし、かといって荷物を見てくれる人もいない。トイレのためだけにコインロッカーを利用するのも嫌ですし、そもそもコインロッカー自体が海外には少ないです。

 

そんなときに役立つS字フック! 大きめのS字フックをドアにひっかけると即席の荷物置き場になるのです。

 

 シャワーで

海外ではトイレとシャワーが一緒になっているユニットバスタイプのシャワールームが多いです。安宿を利用するとシャワーは共同のものを使うことになります。共同シャワーを使うときは銭湯のように自分のお風呂セットを持ってシャワールームにいきます。しかし荷物を置く場所が非常に小さい! もしくはまったく無い!

 

シャンプーくらいなら床に置いてもギリギリ許せますが、バスタオルや体を洗うタオルは絶対に床には置きたくないです。じゃあ、トイレのフタの上か? バスタオルを?

 

こんなときS字フック! 即席のタオルハンガーの完成です。

 

S字フックと一緒にビニール袋を使うと着替えなどを入れておけるので更に便利です。

 

 

ベッドで

バッパーやゲストハウスでは荷物置き場はかなり狭いことが多いです。そこでほとんどのバッパーで採用されている2段ベッドの構造を利用しましょう。

 

S字フックを利用することで、自分が眠るスペースを削らずに色んなものを比較的安全に保管することができます。

 

2段ベッドの下段を利用することができれば上段のベッドの裏のアミの部分にS字フックをひっかけ放題です。上段を利用する場合は洗濯ロープなどを使うとぶら下げスペースを確保することができます。

 

僕の場合はバックパック、ハンガー、タオル、スーパーの袋に入った食料、カメラ、帽子などをベッドに引っかけておくことが多いです。

 

バナナ

旅行とは関係ありませんが、S字フックはバナナを正しく保存するのにも大変に有効な手段です。

 

バナナを買ったら冷蔵庫には入れずにS字フックで吊るしましょう。おいしいバナナが食べられます。

 

まとめ

僕はワーホリでオーストラリアに行くまえに大きいS字を2つ、小さいS字を10個くらい買って持っていきました。アマゾンで買いました。

空港、バッパー、シェアハウス。いつでもどこでも場所を選ばすS字フックは活躍してくれました。

 

もちろん海外でも買えますが、日本より若干高いうえに探すのが面倒なので(意外と売ってない)、もしも買う場合は日本で買っておいたほうがよいのではないかと思います。

 

ではまた。