Travel Banana

シドニー生活を発信するブログ

外国人の彼女とビデオ通話するならSkypeかLINEの2択

f:id:kogawahayato:20190113232431p:plain


僕は現在、外国人の彼女と遠距離恋愛中です。そしてビデオ通話というものが大活躍しています。

 

世の中便利になったもので、ビデオ通話をすることができるツールが身近にたくさんあります。LINE,skype,facebookなどなど。

 

では国外にいる彼女とビデオ通話をする場合、どれを使うのが一番いいのでしょうか。

 

ビデオ通話

前提条件

ビデオ通話はパソコンを使用。

 

僕:日本人。東京都内のシェアハウス在住。英語がちょっとだけ喋れる。

 

彼女:中国人。オーストラリア在住。母国語は中国語。オーストラリアで英語の塾講師をするくらい英語が喋れる。日本語勉強中。

 

会話やテキストは基本的には英語。最近日本語の比率が上がってきている。

普段連絡を取り合うために使っているのはLINE。たまにWeChat(WeChatは翻訳機能が最初からついてて便利)。

通話中でもかなり頻繁にテキスト機能を使う。

 

ビデオ通話できるツール

ビデオ通話ができるアプリは色々あります。

LINE、Skype、Facebook Messenger、Facetime、Hangoutなどなど。

たくさんあるんですが、長時間の国際ビデオ通話に関して言えばスカイプとラインが2強だと思います。

 

 

Skypeのすごいところ

人類最強の無料ビデオ通話ソフトSkype なぜこんなスーパー高性能ソフトが無料なのかは全くもって謎。

安定感

なんといってもスカイプは通話の安定性が抜群です。僕はシェアハウスに住んでいて、ネットの接続が若干不安定なんですが、ほぼ途切れることなく通話ができます。

ネット環境が良くないフィリピンでも試したことがありますが、フィリピンでもビデオ通話ができました。

ただでさえ母国語ではない英語でコミュニケーションをとっているのに途中で回線が途切れるとものすごいストレスになります。ネットの状況が不安定になりがちな国外との通話では安定性の高いスカイプは大活躍します。

 

画面サイズ

通話中の画面を小さくできるのも魅力です。

常に全画面でビデオ通話するならあまり関係ありませんが、長時間のビデオ通話では通話中にパソコンを使って色々作業をすることが多いです。そんなときに画面を小さくできるのはとっても便利。

ラインの場合は画面の4分の1くらいまでしか縮小できません。それで作業をするのは結構キツイ。スカイプは邪魔にならないくらいまで通話画面を縮小できます。

 

デメリット

使っていて感じるデメリットはほぼ無いです。強いてあげるなら、ラインをパソコンで起動していると、たまにカメラに拒否されたりします。「ラインでカメラ使ってたら、スカイプじゃ使えんぞ」とか言ってきます。ちょっとウザい。

 

 

LINEのすごいところ

日本人ならほぼ100%知ってるあのアプリ。無料でビデオ通話もできちゃうすごいやつ。

勝手知ったる

普段から使っているアプリなので、使い勝手の良さが一番です。ビデオ通話のためだけに他のソフトを起動させる必要がないのが楽チン。

キャプチャ機能

パソコン版についてる画面キャプチャ機能がかなり便利です。

指定した場所を切り取ってそのまま送れるという機能です。ウィンドウズに最初から入ってるSnipping toolにかなり近い機能なんですが、画像を保存する工程を省いて直接ラインで送れるのでものすごく便利。

f:id:kogawahayato:20170510000439j:plain

こんな感じで切り取った箇所を画像にしてすぐに送れます。その場で文字を入れたりする簡単な編集もできます。地図などの言葉で説明できない部分を説明するときに役立ちます。

 

デメリット

スカイプに比べると安定性に欠けます。音声のみになったり、通話が切れることが頻繁にあります。

 

PC版にログインすると「ログインしました」というメッセージが毎回送られてきます。しかも送らないように設定変更できません。セキュリティ上仕方がないのかもしれませんが毎回同じ環境でログインしているのにメッセージを送ってくるのはちょっとイライラします。

 

まとめ

ということでスカイプ&ラインが海外に彼女とビデオ通話するなら便利というお話でした。

僕はビデオ通話するときはスカイプがメイン、ラインがサブという感じで使っています。

 

ではまた。

LINE プリペイドカード 1000

LINE プリペイドカード 1000